【ECCUBE2】スパム対策としてお問合せフォームにreCaptchaを導入

定期的に中国から来る迷惑なお問合せフォームを利用したスパム。

スパムの一例↓

このように、メールアドレス欄に不特定多数のメールアドレスを指定し、自動返信機能を利用してメールを送り付けている。

今までは接続元IPを特定して、apacheの設定ファイルなり.htaccessで個別にアクセスを拒否するなど、対症療法をしていましたが、業務の負担になりつつあるので、導入することにしました。

結果として効果はかなりあったようで、対策後およそ1か月、未だスパムによる被害は1回もうけていません。

reCaptchaをECCUBE2のお問合せフォームに導入する手順は以下の通りです。

サイトキーとシークレットキーの取得

  1. reCaptchaにアクセスし「Admin console」を開きます。Googleアカウントが必要になります。
  2. 必要事項を入力し、サイトキーとシークレットキーを取得します。(今回は「」を採用します。)

テンプレートを修正

ECCUBE2のお問合せフォーム(確認画面)のテンプレートファイルを修正します。

スマホページも運用している場合はそちらのテンプレート(data/Smarty/templates/sphone/contact/confirm.tpl)も同様に修正します。

PHPファイルの修正

お問い合わせの受付・自動返信メール送信処理を行うPHPファイルを修正します。

確認

確認画面の右下に、以下のようなreCAPTCHAアイコンが表示されていれば、適用完了です。

 

参考サイト)

 

Chrome使用時にfocusイベント内でalertするとダイアログが延々と繰り返される場合の対策

簡単な処理やデバッグ時などでは、まだまだ重宝するalert()。

例えばよくあるこんな処理。

ところがGoogle Chromeを使用した場合、「Hello!!」のダイアログを消しても消しても、延々とダイアログが表示し続ける無限ループが発生する場合がある。

アラートを出した後に、自動的に要素に対してフォーカスが行われ、その結果処理の繰り返しになるらしい。

なので、単純な解決策としては、アラートを出した後に、フォーカスを外してやればよい。

 

なお、アラート後、また同じ要素にフォーカスさせ、かつ無限ループさせない方法はこちらを参照。